神奈川県茅ヶ崎市A様邸 軒先修理·屋根修理·天井雨染み·外壁塗装事例
神奈川県のウッドデッキ・造園・外構・エクステリアまで住宅リフォームを提案する株式会社グリーンパトロール

神奈川県茅ヶ崎市A様邸 軒先修理·屋根修理·天井雨染み·外壁塗装事例

台風通過で、軒先の表面が剥ぎ飛ばされてしまった、A様のお宅。

軒先に染み出した雨水が原因で、表面の板がふやけて波打ち、そのブヨブヨになっていた表面が、今回の台風で剥がれ落ちたようです。

こちらの軒先も波打ってブヨブヨになっています。雨水が入り込んでいる証拠です。

A様のお宅は、今回の台風で室内に雨漏りし、お部屋の天井にこのような雨ジミができてしまいました。

玄関の上の軒先も、毎年やって来る暴風雨によって雨水がまわり、濡れては乾きを繰り返すうち、塗装が剥がれてしまいました。

軒先は家を守る最前線、風あたり雨あたりが最も強い場所です。軒先を見れば、その家の傷み具合がわかると言われるほど傷みやすい場所で、最も水が浸入しやすいのは、L字に折れ曲がった角の部分です。定期的に木部塗装をしてメンテナンスしないと、水がまわってきて腐り、穴があいてしまいます。

こちらの写真をご覧ください。瓦が吹き飛んでいます。瓦をとめる銅線が強風であちこち切れ、瓦が飛んだりずれたりしています。真っ直ぐに並んできた瓦もガタガタに歪んでいます。

屋根に上がってみると、このようにひどい状態ですが、意外と気づいていないお宅も多いのが実状です。吹き飛んだ瓦が庭先などに落ちてくるとわかりやすいのですが、下に落ちずに屋根の上に残ったままだと、室内に雨漏りしてくるまで、屋根の異常に気づかない・・というケースが多いのです。屋根の状態は下から見上げてもわかりにくいので、注意が必要です。

こちらも、瓦をとめていた銅線が切れ、瓦が吹き飛んでしまいました。無残にも引きちぎれ、残った銅線の一部が、台風の風の強さを物語っています。

地震や台風で揺り動かされると、瓦の下の土(粘土)に隙間ができ、その隙間に雨水が入り雨漏りしてしまいます。こちらのお宅のように、「うちの瓦の下にも土が入っている」というお宅は、台風や暴風雨が来る前に一度、屋根を点検されてはいかがでしょうか。

こちらは、瓦の口が開いてます。しかも一箇所だけでなくあちらこちらで。

真っ平らだった瓦の下の板が、地震や台風が原因で腐って平らではなくなり、波打ってきているため、このように瓦が浮いたりずれたりしているのです。

通常の雨では雨漏りしなくても、大量の雨や横殴りの雨では、ここから雨水がどんどん入り、屋根裏や軒先の内部は雨水でビショビショになります。すると、室内に雨漏りしたり、軒先の表面がふやけてブヨブヨに波打ってきたりします。

さらにこちらは、しっくいが台風で欠落し、内部が見えてしまっています。ここからも雨水が染み込み、雨漏りの原因となります。

こちらは修理後の写真です。剥ぎ飛ばされてた軒先や、雨水が入り込んでブヨブヨに波打っていた軒先を張り替え、雨水が入り込まないように塗装を行いました。

雨漏りしてシミができた天井板は塗装し、新築同様になりました。

屋根は、軽くて耐久性が高いガルバリウム鋼板に葺き直しました。

これまで、約5000キログラムもの瓦が屋根の上に載っていたのが、300キログラムのガルバリウム鋼板に代わり、耐震強度が大幅にアップしました。

外壁を覆っていたツタは全て外し、外壁を塗りなおしました。また庭木の剪定もさせていただきました。屋根から室内、庭までトータルで対応できるグリーン・パトロールなら安心です。

「大地震がくるのが心配だったけど、これで安心したよ」と、A様には大変ご満足いただけました。

お気軽にお問合せ下さい TEL 0120-041301 Tel:0467-87-3920 Fax:0467-83-7301

庭リフォーム動画

庭・造園リフォーム

外構・エクステリア

外構・エクステリア

屋根・外壁

屋根・外壁

住まいのリフォーム

住まいのリフォーム

職人さん募集

動画で見るリフォーム

ずっと安心の理由

お客様の声

良くある質問

スタッフ紹介

メディア紹介

住環境アドバイザー 狩谷 昌伸のブログ

PICK UP

ウッドデッキ施工例

施工例のご紹介(鎌倉市)

施工例のご紹介(藤沢市)

施工例のご紹介(茅ヶ崎市)

施工例のご紹介(横浜市)

PAGETOP
Copyright © Green-Patrol All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.